【株式市場】日経平均は4日ぶりに急反落し今週末の外出自粛が首都圏に広がる様子となり大引け間際に一時1033円安

2020年3月26日 16:11

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

◆日経平均は1万8664円60銭(882円03銭安)、TOPIXは1399.32ポイント(25.30ポイント安)、出来高概算(東証1部)は20億4967万株

■新規上場の2銘柄は共に公開価格を上回る

 3月26日(木)後場の東京株式市場は、小池東京都知事の25日夜の会見を受けて在宅勤務関連のブイキューブ<3681>(東1)が一段高となり、即席めんの日清食品HD<2897>(東1)などもジリ高を継続。日経平均は746円安で始まり、14時過ぎまで600円安から700円安の水準で推移。週末の外出自粛要請を神奈川県も実施の見込みで千葉県知事も会見と伝わると一時1033円82銭安(1万8512円81銭)まで下げ幅を広げる場面があった。結局4日ぶりの反落となった。

 後場は、ヘリオステクノHD<6927>(東1)がいきなり買い気配で始まり、マスク製造設備の販売発表が好感されてストップ高。家庭紙トップの大王製紙<3887>(東1)もジリ高。ミズホメディー<4595>(東2)は新型コロナウイルス感染症の全自動遺伝子検査キット発表が注目されて一時急伸。

 26日は2銘柄が新規上場となり、サイバーセキュリティクラウド<4493>(東マ)は13時15分に公開価格4500円の2.0倍の9210円で初値をつけ、後場ストップ高の1万710円まで上げて大引けとなった。アディッシュ<7093>(東マ)は11時19分に公開価格1230円の71%高の2101円で初値をつけ、高値は前場の2269円。後場は軟調で終値は1780円。

 東証1部の出来高概算は20億4967万株(前引けは8億6572万株)、売買代金は3兆3049億円(同1兆3803億円)。1部上場2168銘柄のうち、値上がり銘柄数は897(同540)銘柄、値下がり銘柄数は1226(同1586)銘柄。

 また、東証33業種別指数は4業種(前引けは2業種)が値上がりし、パルプ・紙、水産・農林、保険、電力・ガス、が高かった。(HC)(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
アルコニックスは調整一巡、21年3月期収益回復期待(2020/02/18)
エフティグループは調整一巡、20年3月期営業増益予想で3Q累計順調(2020/02/18)
【特集】約1カ月ぶりに再開されるIPOの類似関連銘柄に注目(2020/01/27)
【特集】意外な業績好調銘柄とコロナウイルス関連に上乗せの花粉症関連銘柄をマーク(2020/01/27)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

関連記事

広告