Mozilla FirefoxがTLS 1.0/1.1の有効化を検討、新型コロナウイルスの影響で

2020年3月23日 18:53

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 Anonymous Coward曰く、

 Mozillaは、新型コロナウイルスの影響によりビデオ会議サービスの需要が急増しているとして、Firefox 75.0で予定していたWebRTCのDTLS 1.0廃止を延期することを決定した(Firefoxサイト互換性情報)。

 また、Firefox 74.0でデフォルト値として無効化したTLS 1.0/1.1について(過去記事)、リモートで再度有効にすることも検討している(Firefox Site CompatibilityによるtweetFirefoxサイト互換性情報)。

 参考までに、Firefox 74.0でTLS 1.2以上に対応していないサイトにアクセスし、エラーページの[TLS 1.0とTLS 1.1を有効にする]をクリックすると、security.tls.version.enable-deprecatedの値がtrueへ変更される。何らかの理由でabout:configから設定変更する場合は、誤ってsecurity.tls.version.minの値を変更しないよう注意したい。

 スラドのコメントを読む | ITセクション | テクノロジー | Firefox | ソフトウェア | インターネット

 関連ストーリー:
Google、ChromeでのTLS 1.0/1.1サポート終了に向けた今後の計画を発表 2019年10月05日
Firefox Nightly、デフォルトでTLS 1.0/1.1が無効化される 2019年10月01日
Microsoft Teamsのオンライン会議機能が強化される。会議中食事をしても咀しゃく音を消せるる 2020年03月23日
新型コロナウイルス、致死率の高低は何に由来するのか 2020年03月23日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードFirefoxMozillaTLS新型コロナウイルス