国産防衛装備品の海外輸出が実現

2020年3月17日 17:01

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 stat曰く、

 政府が2018年、三菱電機製の固定式警戒管制レーダー装置のフィリピンへの輸出を検討していたが(2018年の日経新聞記事)、これが実現したようだ(Asia Pacific Defense Journal航空万能論GF)。

 フィリピン国防省が4日発表したもの。導入するのは三菱電機の固定式警戒管制レーダー装置「J/FPS-3ME」と、移動式レーダー「J/TPS-P14ME」。

 国産の防衛装備が海外に輸出されるのは、これが初めての事例となるようだ。

 スラドのコメントを読む | 日本 | ビジネス | 軍事

 関連ストーリー:
「防衛装備庁」の新設や「文民統制」の見直しを含む改正防衛省設置法 が成立 2015年06月24日
水陸両用飛行艇の輸出活動を本格化 2012年05月02日
外国人への軍事転用可能な技術の提供、企業に記録を義務付けへ 2007年11月29日
国産飛行艇US-1A改、世界へ 2005年05月31日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードフィリピン三菱電機

関連記事

広告

広告

写真で見るニュース

  • (c) 123rf
  • ジャンプスタートのイメージ。
  • 複合商業施設の完成イメージ(J.フロントリテイリング発表資料より)
  • 2019年4月に発売された「ジェロ」の特別仕様車「FINAL EDITION」。(画像: 三菱自動車工業の発表資料より)
  • ホンダ N-BOX用サテライトビューカメラ取付イメージ(画像:ワントップ発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース