東海道新幹線、3月上旬は利用者半減

2020年3月13日 07:44

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 3月1日から9日の間の東海道新幹線の乗客数は、前年同期比で56%と大幅に減少しているという(毎日新聞時事通信西日本新聞)。

 コロナウイルスによる新型肺炎の影響で出張などの企業活動が控えられているほか、相次ぐイベントの中止や施設の営業自粛などで人の移動が抑制されているため。また、JR東海では系列のホテルや物販も減少しており、経営への影響は少なくないようだ。

 スラドのコメントを読む | ビジネス | 日本 | ニュース | 交通

 関連ストーリー:
疫病による技術イベントの中止は、「バーチャルイベント」という新たな可能性につながる 2020年03月12日
封鎖都市、武漢の様子 2020年03月12日
グランド・プリンセス号で新型コロナウイルスのアウトブレイク 2020年03月09日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードJR東海新幹線

広告

財経アクセスランキング