国際 RSS

 

インド最高裁、中央銀行による暗号通貨取引禁止命令を覆す

2020年3月10日 17:59

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 Anonymous Coward曰く、

 2018年、インドの中央銀行はインド国内の金融機関に対し、仮想通貨に関連サービスを禁止する通達を出した(大和総研)。しかし、インドの最高裁判所は4日、この通達は無効であるとの判断を下した(TechCrunchSlashdot)。

 この通達は、仮想通貨取引口座の維持管理や仮想通貨による取引・決済、売買といった行為すべてを禁止するというものだった。租税回避や資金洗浄、セキュリティなどを問題視しての通達であったが、これに対しネット企業などが異議を申し立てて裁判となっていた。

 スラドのコメントを読む | ITセクション | IT | お金

 関連ストーリー:
価格変動の激しいビットコイン、量子コンピュータと中国の動向に振り回される? 2019年10月31日
中国、ブロックチェーンを使った情報サービスについても規制へ 2018年10月26日
ウォズ、ビットコインを詐取された体験を語る 2018年03月02日
JPモルガンCEO曰く「ビットコインは詐欺」 2017年09月15日
インド、脱税や汚職対策として高額紙幣を廃止に 2016年11月10日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードインド裁判仮想通貨

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • AI画像診断支援ソリューション画面例(画像: NTTデータの発表資料より)
  • カングーイラスト入りマカロン「マカロンデー×ルノー スペシャルパッケージ」(画像: ルノー・ジャポンの発表資料より)
  • 追加された機能のイメージ。(画像: One Tap BUYの発表資料より)
  • (c) 123rf
  • ユープレイスの外観イメージ(ピーアンドディコンサルティング発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース