「るろうに剣心展」東京で開催 原画を含む200点展示&登場キャラ10人の“家紋”が決定

2020年3月9日 07:34

小

中

大

印刷

記事提供元:ファッションプレス

 「25周年記念 るろうに剣心展」が2020年4月24日(金)から6月7日(日)まで東京ドームシティ ギャラリー アーモ(Gallery AaMo)で開催される。

■“るろ剣”25周年を祝した大規模作品展!

 「25周年記念 るろうに剣心展」は、「週刊少年ジャンプ」に連載された人気マンガ『るろうに剣心−明治剣客浪漫譚-』の誕生から25周年を記念した、初の大規模作品展。期間中は、200点を超える展示品が公開されるほか、現在連載中の続編 “北海道編”をはじめ、人気映画シリーズなど、多岐にわたる作品展開も紹介し、今なお続く『るろうに剣心』の世界に深く迫っていく。

■原作『るろうに剣心−明治剣客浪漫譚-』おさらい

 幕末に「人斬り抜刀斎(ひときりばっとうさい)」として恐れられた伝説の剣客・緋村剣心(ひむら・けんしん)が、明治維新後に「不殺(ころさず)の誓い」を掲げて、人を斬れぬ逆刃刀を手に、仲間とともに人々を助ける姿を描いた物語。圧倒的な力を持ちながら、かつて自らが犯した過ちに苦悩し成長する、全く新しいヒーロー像として、読者から高い支持を集めている。2020年の夏には、そんな原作をもとにした映画シリーズ最終章も公開される。

■展覧会内容

■和月伸宏入魂の原画が集結!

 会場の目玉となるのは、作品を語る上で欠かせない“5つのキーワード”によって分類された原画展示ゾーン。

 例えば「強さとは」のキーワードに沿った展示では、「東京編」「京都編」「人誅編」の各ストーリーでの記憶に残る戦闘シーンや必殺技を中心に紹介し、激闘の中で見出された答えへと迫る。

 また「命とは」では、強さや正義の先にある、キャラクター達の思う「命」の価値を原画を通して示す。さらに岐阜県・関の無鑑査刀匠・ 尾川兼國(おがわかねくに)の手により完全再現された剣心の愛刀「逆刃刀・真打」も展示される。剣心の“不殺(ころさず)”の信念を象徴する「逆刃刀・真打」とともに、剣心が初めてこの刀を手にした場面をはじめとする数々の名シーンの原画を紹介する。

■“るろ剣”ビギナーからファンまで楽しめる作品展

 そのほか「仲間とは」「正義とは」「幸せとは」といった、各テーマごとに原画を展示する。さらに物語の名シーンや人気キャラクターを紹介する本展覧会オリジナル映像の上映なども行われるため、“るろ剣”にあまり触れた事のない来場者でも、作品の世界観をじっくりと楽しむことができそうだ。

■ファン必見のグッズも!

■ 登場キャラクター10人の“家紋”が決定!

 作品誕生25周年を記念したスペシャル企画として、作者・和月伸宏公認の各キャラクターの“家紋”も公開に。緋村剣心、神谷薫、明神弥彦、相楽左之助、斎藤一、四乃森蒼紫、志々雄真実、瀬田宗次郎、雪代縁、比古清十郎の10人の家紋が一挙に発表となった。

■展覧会公式ショップ「黒べこ」オープン

 合わせて押さえておきたいのは、展覧会公式ショップとして併設される「黒べこ」。作中に登場する牛鍋屋「赤べこ」「白べこ」の姉妹店という設定で、ショップ内では、展覧会オリジナルグッズを販売する。

 作者独自の筆づかいでキャラクターの姿を描いた「和風タペストリー」や、「名場面アクリルジオラマ」、キャラクターの愛らしい「のるキャラマスコット」、この度公開された、作者公認の各キャラクターの家紋入りアクリルキーホルダーなど、“るろ剣”の魅力が詰まったオリジナルグッズが勢揃い。

 また、本展覧会のための描きおろしキービジュアルを含む展示原画200点以上を収録した公式図録も発売される。かつて『るろうに剣心-明治剣客浪漫譚-』のアシスタントを経験したこともある『ONE PIECE』の作者・尾田栄一郎と和月伸宏のスペシャル対談や、映画「るろうに剣心」シリーズの監督を務めた大友啓史のインタビューなども収録された、ファン必見の永久保存版図録となっている。

■詳細

 25周年記念 るろうに剣心展
会期:2020年4月24日(金)~6月7日(日) ※会期中無休
※4月24日(金)と4月25日(土)は先行鑑賞券を持っている人のみ入場可(先行鑑賞券の申し込みは終了済)。
※前期・後期(前期4月24日~5月17日、後期5月18日~6月7日)で、15点を展示入れ替え実施予定。
開館時間:11:00~19:00 ※最終入場は18:30まで
※4月24日(金)は15:00開場
会場:東京ドームシティ ギャラリー アーモ
住所:東京都文京区後楽 1-3-61
※展覧会場内は、一部展示を除き、スマートフォン、タブレット、携帯電話に限り写真撮影が撮影が可能。

<チケット情報>
入場券:一般1,600円(1,400円)、中学生/高校生1,000円(800円)、小学生600円(500円)
※( )内の金額は、4月25日まで販売する前売料金の場合。
グッズ付入場券(4月25日まで販売*数量限定):2,900円<共通料金>
チケット企画特典グッズ:豆風呂敷+小箱入付箋(2箱)セット

※入場券の取り扱いはローソンチケット(L コード 37777)。4月26日(日)~6月7日(日)の期間はギャラリー アーモチケットカウンターでも取り扱い。
※各種チケットをお持ちの来場者には、会場にて、来場記念品<『るろうに剣心』おみくじ>を1名につき1枚配付。
※グッズ付入場券は、入場券とグッズ引換券各1枚のセット券。グッズ引換券は会場で「豆風呂敷+小箱入付箋(2箱)セット」と引き換え可。
※その他券売についての詳細は、公式サイトを参照。

■展覧会オリジナルグッズ例

・和風タペストリー 各3,520円(税込)
・名場面アクリルジオラマ 各1,650円(税込)
・のるキャラマスコット 各990円 (税込)
・スライド缶+クリップセット 各1,650円(税込)
・ミニウォレット 3,300円(税込)
・COCOIROペン 各1,210円(税込)
・アクリルキーホルダー 各825円(税込)
・コレクション缶バッジ 各440円(税込)
・公式図録 2,530円(税込) ※一部収録されない展示作品もあり。

※本記事はファッションプレスニュースから配信されたものです。ファッションプレスでは、ブランド、デザイナー情報、歴史などファッション業界の情報をお届けしています。

関連キーワードONE PIECE尾田栄一郎東京ドームシティるろうに剣心

関連記事

広告

財経アクセスランキング