高級車を運転するドライバーほどマナーが悪いという調査結果

2020年3月3日 21:16

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 Anonymous Coward曰く、

 米ネバダ大学の研究チームが、「高級車を運転するドライバーほどマナーが悪い」という調査結果を発表した(CNNSlashdotJournal of Transport & Health誌掲載論文)。

 この調査では、ボランティアに道路を横断してもらってその様子を撮影、車の種別毎にドライバーの反応を集計した。その結果、歩行者のために減速するドライバーは、「車の値段が1000ドル高くなるごとに、3%ずつ減っていた」という。また、歩行者が白人女性だった場合に停車する車は31%だったのに対し、男性の場合は24%、黒人の場合は25%だったという結果も出ている。

 なお、フィンランドのヘルシンキ大学も高級車のオーナーの方がほかのドライバーとのトラブルを起こしやすいとの調査結果をまとめているという(ヘルシンキ大学の発表)。こちらの調査結果によると、AudiやBMWといった自動車に乗っているドライバーは、交通規則を無視したり、不注意な運転をする傾向が強いという。

 スラドのコメントを読む | 統計 | ニュース | 交通

 関連ストーリー:
高度な運転支援システムはドライバーをダメにする? 2019年12月25日
オーストラリア・ニューサウスウェールズ州、自動車運転中の携帯電話使用違反を検出するカメラの本格運用開始 2019年12月05日
「運転を楽しむ」日本人ドライバーは43%、下落傾向 2018年11月28日
昨年75歳以上のドライバーが起こした事故数、若年ドライバーの事故数を上回る 2018年05月19日
自動運転車にも、運転訓練や免許証は必要か? 2015年03月07日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードBMWAudi

関連記事

広告