Apple、ARMプロセッサ搭載Macを2021年までにリリースか

2020年2月29日 09:47

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 Appleが18か月以内(2021年前半まで)にIntelプロセッサではなくARMプロセッサを搭載したMacをリリースするのではないか、という噂があるようだ(9to5MacGIGAZINE)。

 Appleが2020年にもARM CPU搭載のMacをリリースするのではないかという噂は以前よりあった。このMacにはiPhoneやiPadなどと同様、Appleが独自に開発したARM系プロセッサが採用されるという。

 なお、2021年という時期については、Appleが5nmプロセスで製造されたプロセッサの出荷を2020年中頃に予定していることから来ているようだ。

 ARMプロセッサ搭載MacではIntelプロセッサ向けにビルドされたアプリケーションは実行できないが、Appleは今年の開発者向けイベントWWDC 2020でARM向けのビルドに対応したツールをリリースするのではないか、とも推測されている。

 スラドのコメントを読む | アップルセクション | ハードウェア | Intel | MacOSX | アップル

 関連ストーリー:
Intel関係者曰く、2020年にもARMプロセッサ採用のMacが登場する 2019年02月26日
PegatronがARMベースのMacBook製造を受注したらしいとの報道 2018年05月31日
Appleが早ければ2020年にもMacのCPUを自社設計に切り替えるとの報道 2018年04月05日
Macは今後Intel CPU+ARM CPUという構成になる? 2017年02月06日
MacのCPUがApple製のものになる可能性 2012年11月07日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードAppleiPhoneiPadMacIntelARM