Mozilla、Firefoxで「DNS-over-HTTPS」を有効に

2020年2月28日 09:17

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 ドメイン名に対応するIPアドレスを取得することは「名前解決」などと呼ばれるが、この名前解決をHTTPS経由で行う「DNS-over-HTTPS」(DoH)が米国ユーザーのFirefoxでデフォルトで有効化された(窓の杜ITmedia)。

 特定のサイトへのアクセスを制限する手法の1つとして、DNSで一部のサイトの名前解決を行えないようにするというものがあるが、DoHを利用することでこれを回避することができる。また、DNSサーバーへの問い合わせ履歴を記録することでISPなどが顧客のWebブラウズ履歴を収集できるという問題についてもDoHが対策方法の1つとなる。

 今回DoHがデフォルトで有効になったのは米国のユーザーのみだが、それ以外の地域のユーザーでもオプション設定などでDoHを有効にするよう変更できる。

 スラドのコメントを読む | ITセクション | Firefox | インターネット

 関連ストーリー:
Microsoft、WindowsでDNS over HTTPSをサポートする計画 2019年11月23日
英ISP協会、Mozillaを「インターネットの悪漢」にノミネート 2019年07月07日
IIJ、DNS over TLSやDNS over HTTPSに対応するパブリックDNSサービスを開始 2019年05月09日
FirefoxがDNS over HTTPなどをサポート、批判も 2018年08月09日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードFirefoxMozilla