欧州為替:ドル・円は弱含み、米長期金利の低下や米株安観測で

2020年2月26日 18:14

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*18:14JST 欧州為替:ドル・円は弱含み、米長期金利の低下や米株安観測で

欧州市場でドル・円はアジア市場終盤から弱含み、足元は110円10銭台に値を下げている。米10年債利回りは1.31%台まで低下し、ドル売りを誘発。また、欧州株の全面安が波及する形で米株式先物が下げに転じ、今晩の続落を警戒したドル売りも観測される。


ここまでの取引レンジは、ドル・円は110円15銭から110円52銭、ユーロ・円は119円97銭から120円23銭、ユーロ・ドルは1.0870ドルから1.0897ドル。《TY》

広告

広告

写真で見るニュース

  • 三越恵比寿店 (c) 123rf
  • 案内ロボット「ゴーカンナ君」(画像: アキュラホーム発表資料より)
  • トヨタ・ハイランダー(画像: 米国トヨタの発表資料より)
  • BMW 1シリーズ。(画像: ビー・エム・ダブリューの発表資料より)
  • 連星系の周りを回る惑星の想像図 (c) NRAO/AUI/NSF, S. Dagnello
 

広告

ピックアップ 注目ニュース