Safari、SSLサーバー証明書の有効期限を最大13か月間に短縮へ

2020年2月26日 17:38

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 AppleのSafariブラウザで、HTTPSで使われるサーバー証明書の有効期限を最大13か月間(398日間)に制限する変更が行われるとの話が出ている(ITmediadigicertApple Magazine9to5Mac)。セキュリティ強化が目的。

 サーバー証明書の有効期限はかつては39か月間だったが、2018年3月からは業界内の自主規制で最大825日間(約27か月間)に短縮されている。一方でAppleやMicrosoft、Googleなどは有効期限をより短くしたい意向を示していた。

 スラドのコメントを読む | アップルセクション | セキュリティ | インターネット | アップル

 関連ストーリー:
SymantecがSSL証明書関連事業を売却へ 2017年08月08日
Mozilla、Symantecが発行した証明書の信頼性回復に関する議論に参戦 2017年05月05日
Symantec、同社発行のSSL/TLS証明書を信頼してもらうための対策をGoogleに提案 2017年05月02日
Google ChromeでSymantecが発行したSSL証明書の有効期限短縮やEVステータス無効化が提案される 2017年03月26日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードGoogleAppleMicrosoftSafariSSL

広告