Safari、SSLサーバー証明書の有効期限を最大13か月間に短縮へ

2020年2月26日 17:38

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 AppleのSafariブラウザで、HTTPSで使われるサーバー証明書の有効期限を最大13か月間(398日間)に制限する変更が行われるとの話が出ている(ITmediadigicertApple Magazine9to5Mac)。セキュリティ強化が目的。

 サーバー証明書の有効期限はかつては39か月間だったが、2018年3月からは業界内の自主規制で最大825日間(約27か月間)に短縮されている。一方でAppleやMicrosoft、Googleなどは有効期限をより短くしたい意向を示していた。

 スラドのコメントを読む | アップルセクション | セキュリティ | インターネット | アップル

 関連ストーリー:
SymantecがSSL証明書関連事業を売却へ 2017年08月08日
Mozilla、Symantecが発行した証明書の信頼性回復に関する議論に参戦 2017年05月05日
Symantec、同社発行のSSL/TLS証明書を信頼してもらうための対策をGoogleに提案 2017年05月02日
Google ChromeでSymantecが発行したSSL証明書の有効期限短縮やEVステータス無効化が提案される 2017年03月26日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードGoogleAppleMicrosoftSafariSSL

広告

広告

写真で見るニュース

  • 第59回ルマン24時間耐久レース優勝車 マツダ787B(画像: マツダ許諾済み)
  • 重力レンズ効果を受ける前のクエーサー「MG J0414+0534」の本来の姿 (c) ALMA (ESO/NAOJ/NRAO), K. T. Inoue et al.
  • 太陽と地球と月。
  • (c) 123rf
  • 1054年の超新星爆発 SN1054 の超新星残骸である「カニ星雲」の写真。野本氏らが1982年に発表した論文では、SN1054は太陽の約9倍の質量の星が、電子捕獲を引き起こしたことで生じた超新星爆発であることを示唆しているが、今回の研究結果は、この特徴をシミュレーションからでも説明できることを示唆する。(c) NASA、ESA、J. DePasquale (STScI)、and R. Hurt (Caltech/IPAC)
  • パークウエィ26RE(有限会社オークラオートサービス使用許諾 http://www.okura-auto.co.jp/rw/album/ta13l/image/pw000003.jpg)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース