六本木に防犯カメラ内蔵のスマート街路灯設置へ

2020年2月26日 09:22

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 Anonymous Coward曰く、

 NECが東京・六本木に「スマート街路灯」を3月から6月にかけて設置するという(ITmediaNECの発表ケータイWatch)。

 取得するデータは通行人の人数や移動方向、性別、年代などで、映像自体はデータの推定処理実施後すぐに破棄するとのこと。設置されるのは合計20本。

 なお、単に情報を収集するだけでなく、スピーカーやデジタルサイネージも内蔵しており、情報発信のための端末としても活用される模様。将来的には5Gの基地局としての利用も検討されているようだ。

 この場合だと情報収集に当たっての許諾などは不要という感じなのかな。

 スラドのコメントを読む | ITセクション | テクノロジー | ニュース | IT | プライバシ

 関連ストーリー:
AIによる防犯カメラの解析で万引き犯逮捕 2018年12月13日
キャセイパシフィック航空、機内監視カメラで乗客を撮影するとプライバシーポリシーに明記 2019年08月12日
米国の空港でスキャンされた顔画像の運用方法には規定が存在しない 2018年08月16日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードNEC六本木デジタルサイネージ

広告