ショーエイコーポレーションはマスクも注目されて高値に迫る

2020年2月20日 14:53

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

■他の新型コロナ肺炎株と異なり安定高、2期ぶりに最高益の見込み

 ショーエイコーポレーション<9385>(東1)は2月20日、朝方に872円(10円高)まで上げて令和2年に入っての高値876円(2月12日)に迫り、午後も底堅い展開を続けている。

 軟包装フィルムパッケージやマーケティング支援メディアネットワーク事業、 日用雑貨品事業を展開し、商品の中に「ぴったりフィットマスク」や子供用マスクもあるため、新型コロナ肺炎関連株のひとつとして注目されている。

 業績は好調で、今3月期は、売上高を連続最高更新の見込みとし、各利益は2期ぶりに最高益を更新する見込みとしている。2月7日に第3四半期決算を発表し、株価はその後一段高。新型コロナ肺炎関連株の多くが急騰・急落のあと再び上げるなど荒っぽい値動きを見せるのに対し、同社株は傾向的にジリ高基調を続ける上、PERは13倍前後に過ぎない。(HC)(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
クリーク・アンド・リバー社はドローン開発会社サイトテックと大型ドローンによる物資の運搬や投下の目視外操作演習に協力(2019/12/16)
大幸薬品が一段高、新型コロナウイルス肺炎の感染拡大など材料視(2020/02/18)
【ブロックチェーン・STO関連銘柄特集】新たな金融サービスの広がりに期待(2019/12/11)
【特集】Windows7サポート終了・ローカル5G(第5世代移動通信システム)・豚コレラ・新型肺炎関連銘柄に注目(2020/01/14)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

広告

財経アクセスランキング