ウイルス感染拡大で3月追加緩和の可能性

2020年2月20日 14:24

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*14:24JST ウイルス感染拡大で3月追加緩和の可能性
 19日のニューヨーク市場では、金先物は続伸したものの、米国株式、原油、ドルも強い動きを見せており、リスク回避的な取引は相対的に縮小した。ドル・円は2019年5月以来となる111円59銭まで一段高となり、110円30銭を超えた時点でストップロスなどのドル買いが断続的に観測された。米国経済指標の改善がドル買いにつながったようだが、中国におけるウイルス感染者数の増加ペースは鈍化しつつあるとの見方が浮上したこともドル買い材料となっているようだ。

 ドル・円については、昨年4月につけた112円40銭が当面の上値目途になるとの見方が多いようだ。「日本銀行は3月18−19日開催の金融政策決定会合で現行の緩和策とは異なる資金供給策などの追加措置を講じる」との見方が出ていることも、ドル買い・円売りを促す要因となっている。円売り材料としては、貿易収支の悪化や日本の政治不安も挙げられているようだ。なお、輸出企業などのドル売りは111-112円台で増える可能性があるが、「足元の為替相場に大きな影響を与えるとは言い切れない」との声が聞かれている。《MK》

広告

広告

写真で見るニュース

  • 第59回ルマン24時間耐久レース優勝車 マツダ787B(画像: マツダ許諾済み)
  • 重力レンズ効果を受ける前のクエーサー「MG J0414+0534」の本来の姿 (c) ALMA (ESO/NAOJ/NRAO), K. T. Inoue et al.
  • 太陽と地球と月。
  • (c) 123rf
  • 1054年の超新星爆発 SN1054 の超新星残骸である「カニ星雲」の写真。野本氏らが1982年に発表した論文では、SN1054は太陽の約9倍の質量の星が、電子捕獲を引き起こしたことで生じた超新星爆発であることを示唆しているが、今回の研究結果は、この特徴をシミュレーションからでも説明できることを示唆する。(c) NASA、ESA、J. DePasquale (STScI)、and R. Hurt (Caltech/IPAC)
  • パークウエィ26RE(有限会社オークラオートサービス使用許諾 http://www.okura-auto.co.jp/rw/album/ta13l/image/pw000003.jpg)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース