JR市川駅の「シャポー市川」、3月グランドオープンへ 大規模改装が完了

2020年2月15日 09:02

小

中

大

印刷

シャポー市川リニューアルのイメージ(JR東日本都市開発発表資料より)

シャポー市川リニューアルのイメージ(JR東日本都市開発発表資料より)[写真拡大]

写真の拡大

 千葉県市川市のJR総武線市川駅に直結したショッピングセンター「シャポー市川」が、2012年から断続的に続けてきた大規模リニューアルを終え、3月26日にグランドオープンする。施設を運営するJR東日本都市開発が明らかにしたもので、グランドオープンに合わせた記念イベントも予定されている。

【こちらも】JR東日本都市開発、シャポー市川を19年夏にリニューアルへ 約80店が登場

 シャポー市川は、1972年の市川駅高架化に合わせて開業したショッピングセンターで、高架下の1階、地下1階部分を占める売り場面積約1万平方メートル。物販など地域の暮らしに密着した店舗約120店がグランドオープン時に勢ぞろいする。

 シャポー市川は施設の老朽化などに伴い、2012年から館内を3期に分けて大規模リニューアルを実施。第1期の1階東京側区画が2012年10月、第2期の1階千葉側区画が2019年6月に全面改装を終え、リニューアルオープンしている。

 今回、全面改装を終える第3期工事部分は地下1階の売り場面積約2,300平方メートル。生活雑貨の「スリーコインズ」、「マルシェドブルーエプリュス」、フィットネスクラブの「ジェクサー・ライトジム」が新たにオープンするほか、スーパーの「ワイズマート」、ドラッグストアの「コクミンドラッグ」など6店舗が装いを新たにリニューアルして登場する。

 グランドオープンの記念イベントは、3月26日から4日間、JREポイントが3倍貯まるキャンペーンを実施するのに加え、先着1,000人にエコバッグをプレゼントする。地域のコミュニケーションスペース「むすぶば」に3月26日から4月5日までフォトスポットを開設、「たべるば」で3月26日から4月5日までカラフルドリンクを販売するとともに、4月5、6の両日、音楽ライブを予定している。(記事:高田泰・記事一覧を見る

関連キーワードJR東日本千葉県

広告

広告

写真で見るニュース

  • (c) 123rf
  • 1054年の超新星爆発 SN1054 の超新星残骸である「カニ星雲」の写真。野本氏らが1982年に発表した論文では、SN1054は太陽の約9倍の質量の星が、電子捕獲を引き起こしたことで生じた超新星爆発であることを示唆しているが、今回の研究結果は、この特徴をシミュレーションからでも説明できることを示唆する。(c) NASA、ESA、J. DePasquale (STScI)、and R. Hurt (Caltech/IPAC)
  • パークウエィ26RE(有限会社オークラオートサービス使用許諾 http://www.okura-auto.co.jp/rw/album/ta13l/image/pw000003.jpg)
  • フロリダ州のケネディ宇宙センターでのテスト中のNASAの火星ヘリコプター (c) NASA / Cory Huston
 

広告

ピックアップ 注目ニュース