公取委、楽天に対し独禁法違反の疑いで立ち入り検査

2020年2月11日 09:46

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 楽天のネット通販サイト「楽天市場」において、楽天が出店者に対し自らの地位が優位にあることを利用して一方的に規約を変更するなど不当な要求をした疑いがあるとして、公正取引委員会が楽天に対する立ち入り検査を実施した(時事通信読売新聞NHK)。

 楽天は昨年8月に出店者に対し購入額が3,980円以上の注文についてすべて送料無料にすることを要求したが(過去記事)、これに対し出店者側は反発、独占禁止法違反との声も出ていた。

 スラドのコメントを読む | ITセクション | 日本 | ビジネス | インターネット | IT

 関連ストーリー:
楽天市場、3980円以上の商品をすべて送料無料にするよう通達 2019年08月27日
楽天送料無料化について、店舗の有志連合が公正取引委員会に調査要請 2020年01月23日
楽天の「送料無料」に対し独占禁止法違反との指摘 2019年12月19日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード楽天公正取引委員会独占禁止法

広告