東亜重工とフォントメーカーのイワタ、「東亜重工」フォントを開発

2020年2月4日 19:32

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 take-ash曰く、

 「BLAME!」「シドニアの騎士」といった作品で知られる弐瓶勉氏関連作品の版権管理やコンテンツ企画を手がける東亜重工有限責任事業組合とフォントメーカーのイワタ「東亜重工」フォントを開発、2020年秋に発売すると発表した(東亜重工News東亜重工告知ツイートイワタ最新情報イワタ告知ツイート)。

 「東亜重工」フォントは、弐瓶勉氏の漫画に登場する架空企業「東亜重工」をモチーフにしたフォント。英数字・平仮名・カタカナ・JIS第一・第二水準漢字を含む約7,700文字を収録する。PCでの文書やイラスト作成など個人利用のほか、印刷物およびPDF、Webサイト等やタイトル・ロゴでの商用利用も可能。

 通常版のほか「東亜重工GRUNGE」とフィギュア「合成人間」が付属する限定版の発売も予定されている。価格等については未定。

 スラドのコメントを読む | ITセクション | グラフィック | アニメ・マンガ

 関連ストーリー:
米連邦地裁、フィクションに登場する店名は商標登録していなくても商標保護の対象になると判断 2017年01月15日
デジタルデータ化によって人類の知識が消失するリスク 2016年10月08日
アニメ「シドニアの騎士」で実際に使われた3Dモデル、販売へ 2014年11月06日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連記事

広告

財経アクセスランキング