AMDの決算が好調、それでも売り上げはIntelの約10分の1

2020年2月4日 09:45

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 Anonymous Coward曰く、

 1月28日、AMDが2019年第4四半期および通年決算を発表した(PC Watch)。

 AMDはRyzenプロセッサおよびRadeon GPUが好調で、第2四半期売上高は21億3,000万ドル(前年同期比50%増)、営業利益は3億4,800万ドル(同3億2,000万ドル増)、純利益は1億7,000万ドル(同1億3,200万ドル増)。

 また、通年の売上高は67億3,000万ドル(前年同期比4%増)、営業利益は6億3,100万ドル(同1億8,000万ドル増)、純利益は3億4,100万ドル(400万ドル増)。

 なお、Intelも1月23日に年第4四半期の決算を発表しているが、こちらの売上高は202億1000万ドル(前年同期比8.3%増)と、AMDの10倍となっている(ダイヤモンド・チェーンストアオンライン)。

 スラドのコメントを読む | ハードウェアセクション | ビジネス | ハードウェア | Intel | AMD

 関連ストーリー:
昨年末に販売されたノートPCのうち約4分の1がRyzen搭載 2020年01月22日
Intelのパフォーマンス戦略チームが意図的に誤解を招くベンチマーク記事を公開したと批判される 2019年11月12日
PC向けGPU市場シェア、AMDが5年ぶりにNvidiaを上回る 2019年09月01日
AMD CPUが量販店市場でシェア68.6%を獲得。PC本体での採用率も増える 2019年07月23日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードIntelAMD (アドバンスト・マイクロ・デバイセズ)

広告

財経アクセスランキング