ジーニーがプログラマティックOOH広告の配信でヒットと業務提携

2020年1月31日 09:35

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

ジーニー<6562>(東マ)は、ヒット(東京都中央区)と業務提携を行い、ヒットが首都高速道路沿いに展開する大型屋外広告ビジョン12面ネットワークへのプログラマティックOOH広告(交通広告など自宅以外の場所で接触する広告)の配信を、2月から開始すると発表した。

ジーニー<6562>(東マ)は、ヒット(東京都中央区)と業務提携を行い、ヒットが首都高速道路沿いに展開する大型屋外広告ビジョン12面ネットワークへのプログラマティックOOH広告(交通広告など自宅以外の場所で接触する広告)の配信を、2月から開始すると発表した。[写真拡大]

写真の拡大

■首都高速デジタルLEDボード12面ネットワークでサービスを開始

 ジーニー<6562>(東マ)は、ヒット(東京都中央区)と業務提携を行い、ヒットが首都高速道路沿いに展開する大型屋外広告ビジョン12面ネットワークへのプログラマティックOOH広告(交通広告など自宅以外の場所で接触する広告)の配信を、2月から開始すると発表した。プログラマティックOOH広告は、OOH広告枠の取引から入稿、配信までをシステムで自動化したものである。

 ヒットは首都高速道路沿いのビジョンネットワークをはじめ、東京・渋谷駅ハチ公口のスクランブル交差点や大阪・戎橋などの有名スポットに、日本最大級の広告ビジョンを保有・運営している屋外広告の専門会社である。

 東京オリンピックの開催や次世代通信「5G」の実用化などを控え、OOH広告の更なる市場拡大が予想される中、WEB広告やOOH広告領域でのOEM提供の実績が豊富なジーニーとの提携に至ったとしている。

 第1弾として首都高速デジタルLEDボード(12面ネットワーク)からサービスを開始し、渋谷の「シブハチヒットビジョン」、大阪・戎橋の「ツタヤエビスバシヒットビジョン」、同じく大阪の「新御堂筋デジタルLEDボード」(4面ネットワーク)でも、順次導入を予定している。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
クリーク・アンド・リバー社は上値試す、20年2月期大幅増益予想(2019/08/08)
TACは調整一巡、20年3月期減益予想だが1Qは2桁経常増益(2019/08/08)
ゼリア新薬工業は調整一巡、20年3月期大幅増益予想、1Q減益だが進捗率順調(2019/08/06)
テクマトリックスは上値試す、20年3月期増収増益・連続増配予想で1Q順調(2019/08/06)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

広告

財経アクセスランキング