リプロセル ストップ高、「阪大がiPS細胞から育てた心臓細胞で世界初の手術」報道を材料視/新興市場スナップショット

2020年1月28日 12:56

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*12:56JST <4978> リプロセル 328 +80
ストップ高。一部メディアが「大阪大学の澤芳樹教授らは27日、iPS細胞から育てた心臓の細胞をシート状にし、重症心不全患者に移植する世界初の手術をしたと発表した」などと報じ、買い材料視されている。リプロセルは27日に「今春にも再生医療用のiPS細胞の製造受託サービスを始める」と伝えられ、株価が急騰した。買い手掛かりが続いており、投資家から注目を集めているようだ。《US》

広告