Jトラストが続伸、川崎信用金庫と子会社の日本保証が提携

2020年1月22日 21:44

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

■「かわしんリバースモーゲージローン」の保証業務を開始

 Jトラスト<8508>(東2)は1月22日、2日続伸基調となり、前引けにかけて453円(5円高)まで上げて後場も13時30分にかけて452円前後で推移している。

 連結子会社である(株)日本保証がこのほど、川崎信用金庫(以下、「川崎信金」)との間で包括保証契約を締結し、2020年1月20日から川崎信金が取り扱うローン商品「かわしんリバースモーゲージローン」にかかる保証業務を開始。注目されている。

■昨年12月には香川銀行との提携業務を開始し金融機関との積極展開が目立つ

 日本保証は、19年12月2日からトモニホールディングス<8600>(東1)の香川銀行が融資する「海外投資用不動産担保」にかかる保証業務を開始しており、金融機関との提携で積極展開が目立つ。

■「リバースモーゲージローン」は高齢化世帯の増加とともに需要が増加

 川崎信金との業務は、同信金に申込みがあった資金需要のある顧客への融資について、川崎信金及び日本保証が与信審査を行い、融資が可能と判断した顧客に対して川崎信金がリバースモーゲージの貸付を行い、当該貸付対象顧客より委託を受けて日本保証が保証を行うもの。

 「リバースモーゲージローン」は、利用者の持ち家を担保に、その資産価値の範囲内でお客様の資金需要に対応する商品で、昨今、高齢化世帯が増加し、老後の安定した生活などへの資金需要を背景に、注目度が拡大している。

 今般、地域に密着した川崎信用金庫との保証提携によって、より一層高齢者層が抱える老後の多様な資金需要に応えていくとした。(HC)(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
ヤマシタヘルスケアホールディングスは反発の動き、20年5月期営業減益予想だが保守的(2019/09/04)
日本エム・ディ・エムは上値試す、20年3月期2Q累計を上方修正して通期も上振れの可能性(2019/09/04)
パイプドHDは上値試す、20年2月期大幅増益・増配予想(2019/09/04)
ピックルスコーポレーションは上値試す、20年2月期2桁増益予想で上振れ余地(2019/09/04)
エスプールは上値試す、19年11月期大幅増収増益予想、さらに上振れの可能性(2019/09/04)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • フィッシャープライスのバイリンガル知育玩具「バイリンガル・わくわくピアノ」。(写真:マテル・インターナショナル発表資料より)
  • 大丸芦屋店1階のリニューアルイメージ(大丸松坂屋百貨店発表資料より)
  • 研究グループが開発した世界最小のクロック回路を搭載したチップ写真(写真:東工大の発表資料より)
  • 新型フィット・e:HEV HOME(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • (c) 123rf
 

広告

ピックアップ 注目ニュース