東京都、船での通勤に向けた実証実験を再実施

2020年1月18日 17:34

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 Anonymous Coward曰く、

 昨年7月、東京都が船を使った通勤に向けた実証実験を行なったが(過去記事)、1月15〜17日にも新たな実証実験が実施された(Endgadget日本版)。

 この実証実験は東京都が主導し、ソフトバンク傘下のモネ・テクノロジーズが実施したもの。観光用に運行されている勝どき〜竹芝間の小型船を利用し、さらに竹芝から浜松町までを自動車で輸送する。

 なお、勝どき-浜松町間は地下鉄でも結ばれており、電車+徒歩での移動時間は20分ほどだが、今回の船+自動車の移動では30分以上かかる点や輸送料の不足、料金体系といった課題も多いようだ。

 スラドのコメントを読む | 日本 | ビジネス | 交通

 関連ストーリー:
東京都の船通勤社会実験の感想続々、参加するために会社を休んだ人も 2019年07月25日
東京都、8~10時の間公共交通機関を利用しない「スムーズビズ」を試験的に実施 2019年07月22日
東京都、通勤ラッシュ緩和に向け船による通勤の実証実験を実施へ 2019年07月08日
東京都による時差通勤キャンペーン「時差Biz」に対しやりっぱなしという批判 2018年07月11日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードソフトバンク東京都

関連記事

広告

広告

写真で見るニュース

  • (c) 123rf
  • ジャンプスタートのイメージ。
  • 複合商業施設の完成イメージ(J.フロントリテイリング発表資料より)
  • 2019年4月に発売された「ジェロ」の特別仕様車「FINAL EDITION」。(画像: 三菱自動車工業の発表資料より)
  • ホンダ N-BOX用サテライトビューカメラ取付イメージ(画像:ワントップ発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース