ChromiumベースのMicrosoft Edge、正式リリース

2020年1月17日 18:48

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 1月15日、MicrosoftがChromiumベースのMicrosoft Edgeを正式リリースした(窓の杜)。

 正式版のバージョンは「79.0.309.65」で、Google Chrome 79相当になるとのこと。Windows版のほか、macOS版も正式版となった。Windows Updateでの自動配信が行われるほか、手動でのインストールも行える。ただしプレビュー版を利用している場合の自動更新は行われず、Windowsにおいてはプレビュー版と安定版が共存する環境になるようだ。

 ただし、日本においてはWindows Updateによる配信は4月以降になるという。理由は「確定申告の影響」だそうだ。確定申告に必要なe-Taxソフトウェアの推奨環境にChrome系のWebブラウザが入っていないためだと見られている(Engadget日本版)。

 スラドのコメントを読む | ITセクション | マイクロソフト | インターネットエクスプローラ

 関連ストーリー:
Chromiumベースの新Microsoft Edge、延長サポート終了後もWindows 7をサポート 2020年01月16日
Chromiumベースの新Microsoft Edge、ドメインに参加しているWindows 10には自動更新で提供されない 2020年01月13日
Microsoft、新旧Microsoft Edgeの共存方法を解説 2019年12月22日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードGoogleMicrosoftWindowsChromeMicrosoft EdgeChromiumWindows Update確定申告

関連記事

広告