JPホールディングスはオーストラリアの保育環境を体験する「JPホールディングス グループ 2019年度海外研修」を実施

2020年1月17日 15:21

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

JPホールディングス<2749>(東1)は、広い視点で保育を捉え、質を高める人材を育成するため、2019年11月12日から11月17日と11月19日から11月24日の2回に亘って、オーストラリアの保育環境を体験する「JP ホールディングス グループ 2019年度海外研修」を実施した。

JPホールディングス<2749>(東1)は、広い視点で保育を捉え、質を高める人材を育成するため、2019年11月12日から11月17日と11月19日から11月24日の2回に亘って、オーストラリアの保育環境を体験する「JP ホールディングス グループ 2019年度海外研修」を実施した。[写真拡大]

写真の拡大

◇オーストラリアのゴールドコーストにある保育施設2園を訪問

 JPホールディングス<2749>(東1)は、広い視点で保育を捉え、質を高める人材を育成するため、2019年11月12日から11月17日と11月19日から11月24日の2回に亘って、オーストラリアの保育環境を体験する「JP ホールディングス グループ 2019年度海外研修」を実施した。

 同社グループでは、2011年から世界の保育を学ぶために海外研修を実施している。今回は、保育士17名、放課後児童支援員3名、栄養士2名、本部職員2名、合計24名が2班に分かれて参加。オーストラリアのゴールドコーストにある保育施設2園を訪れ、視察をするとともに保育に参加した。両園のモットーは「こどもたちが好きなことを好きなだけ」。日本では危険と思われるような遊びでも、こどもたちが「良い」と思えばそれを尊重している。保育者がこどもたちの主体性をどのように引き出し、失敗を恐れずにチャレンジする姿勢をサポートしているかを学んだ。

 同社グループでは、従業員一人ひとりのさらなる能力向上と知見を広げることを目的に、年間100種類以上の様々な研修を実施している。常勤・非常勤を問わず、全職員が参加可能な自由選択研修と年次や等級ごとに実施する階層別研修の2つを軸に、バラエティに富んだ研修プログラムを提供している。研修は、系列園の従業員と交流できる機会となっており、日々の保育をより良いものにするための積極的な意見交換が行われ、学び合いの場となっている。

 今回、「JPホールディングスグループ 2019年度海外研修」に参加したメンバーは、この研修を通して、一緒にオーストラリアの保育を体験したことで得られた気付きを、職種を超えてディスカッションすることで、保育に対する理解をより深めることができた。参加メンバーには、この研修で学んだことを自身の職場で活かすとともに、グループ全体の保育の質を高めていく。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
クリーク・アンド・リバー社は上値試す、20年2月期大幅増益予想(2019/08/08)
TACは調整一巡、20年3月期減益予想だが1Qは2桁経常増益(2019/08/08)
ゼリア新薬工業は調整一巡、20年3月期大幅増益予想、1Q減益だが進捗率順調(2019/08/06)
テクマトリックスは上値試す、20年3月期増収増益・連続増配予想で1Q順調(2019/08/06)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • フィッシャープライスのバイリンガル知育玩具「バイリンガル・わくわくピアノ」。(写真:マテル・インターナショナル発表資料より)
  • 大丸芦屋店1階のリニューアルイメージ(大丸松坂屋百貨店発表資料より)
  • 研究グループが開発した世界最小のクロック回路を搭載したチップ写真(写真:東工大の発表資料より)
  • 新型フィット・e:HEV HOME(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • (c) 123rf
 

広告

ピックアップ 注目ニュース