東京為替:ドル・円はこう着、米中通商合意の調印を見極め

2020年1月15日 16:15

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*16:15JST 東京為替:ドル・円はこう着、米中通商合意の調印を見極め


15日午後の東京市場でドル・円は109円90銭台と、こう着した値動きが続く。中国株や欧米株式先物は引き続き軟調地合いで、リスク選好度は低下。また、米10年債利回りの低下でドル売りにつながりやすい。ただ、米中首脳の通商合意に関する今晩の調印が注目され、円買いは後退しているもよう。


ここまでの取引レンジは、ドル・円は109円82銭から110円01銭、ユーロ・円は122円20銭から122円45銭、ユーロ・ドルは1.1126ドルから1.1138ドル。《TY》

広告

広告

写真で見るニュース

  • 718 ボクスター GTS 4.0(画像: ポルシェの発表資料より)
  • 新型名阪特急「ひのとり」。(画像: KNT-CTホールディングスの発表資料より)
  • 画像はイメージです。
  • 画像はイメージです。
  • 動画「THE FIRST LONG DRIVE ~#きっかけは三世代免許~」。(画像: NEXCO東日本の発表資料より)
  • ジョビー・アビエーションによるeVTOL。(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース