クリエイト・レストランツ・HDは株式分割と優待拡充など好感され上場来高値に進む

2020年1月15日 10:56

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

■第3四半期の連結業績は営業利益49%増加、積極M&Aなど寄与

 クリエイト・レストランツ・ホールディングス(クリエイト・レストランツ・HD)<3387>(東1)は1月15日、急伸し、10時を過ぎては14%高の2335円(291円高)前後で推移し、株式分割など調整後の上場来高値に進んでいる。14日の夕方、第3四半期の決算短信と株式分割、株主優待の拡充を発表し、好感買いが集中した。

 第3四半期の連結業績(2019年3~11月累計、IFRS)は、「グループ連邦経営」による効率化に加え、積極的なM&Aによる木屋フーズ株式会社などのグループ入り、初の大型海外M&Aなどにより、営業利益は前年同期比48.26億円(前年同期比45.9%の増加)となり、親会社の所有者に帰属する四半期利益は24.92億円(同81.9%の増加)となった。

 また、2020年2月29日(土曜日)を基準日(実質的には2020年2月28日(金曜日))とし、普通株式を1株につき2株の割合をもって分割する。

 これにともない、株主優待を分割後の100株株主にも適用するほか、「株主様ご優待券(お食事券)」を所有株数に応じた区分の一部で増額する。継続保有株主への優遇も一部見直し、保有株式数に応じて優待券(お食事券)を増額する。(HC)(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
ヤマシタヘルスケアホールディングスは反発の動き、20年5月期営業減益予想だが保守的(2019/09/04)
日本エム・ディ・エムは上値試す、20年3月期2Q累計を上方修正して通期も上振れの可能性(2019/09/04)
パイプドHDは上値試す、20年2月期大幅増益・増配予想(2019/09/04)
ピックルスコーポレーションは上値試す、20年2月期2桁増益予想で上振れ余地(2019/09/04)
エスプールは上値試す、19年11月期大幅増収増益予想、さらに上振れの可能性(2019/09/04)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • フィッシャープライスのバイリンガル知育玩具「バイリンガル・わくわくピアノ」。(写真:マテル・インターナショナル発表資料より)
  • 大丸芦屋店1階のリニューアルイメージ(大丸松坂屋百貨店発表資料より)
  • 研究グループが開発した世界最小のクロック回路を搭載したチップ写真(写真:東工大の発表資料より)
  • 新型フィット・e:HEV HOME(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • (c) 123rf
 

広告

ピックアップ 注目ニュース