7pay、サービス終了後も25万人が残高を払い戻さず 残高は計7千万円

2020年1月11日 08:35

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 7月よりスタートしたものの直後に不正利用が報じられ、その後9月末にサービスを終了した7payだが、サービスを利用できなくなった後も残高の払い戻しを行なっていないユーザーが約25万人にも上るという(共同通信毎日新聞)。

 セブン&アイ・ホールディングスはユーザーに対し払い戻しを行うよう呼びかけているが、未だに合計で約7000万円の残高が残っているという。法的には1月10日で払い戻し手続きの期限が終了するが、同社はその後も払い戻しに応じるとしている。

 スラドのコメントを読む | ITセクション | ビジネス | IT | お金

 関連ストーリー:
セブン-イレブン・ジャパン、7pay問題の「お詫び」として加盟店に金券1万円を配るとの報道 2019年08月16日
「7pay」問題、セブン&アイの対応に懸念の声 2019年08月07日
不正利用が話題になった7pay、9月末でサービス終了へ 2019年08月01日
不正利用問題が発生した7payアプリ、開発期間は実質半年、テスト期間は実質1か月 2019年07月10日
7payで不正利用被害報告が相次ぐ 2019年07月04日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード7pay

関連記事

広告

財経アクセスランキング