Lenovo、ディスプレイ部分を折りたためるノートPCを発表

2020年1月9日 19:31

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 Anonymous Coward曰く、

 コンシューマエレクトロニクス・サービス展示会であるCES 2020にて、Lenovoが折りたためるディスプレイを備えたノートPC「ThinkPad X1 Fold」を発表した(WIREDiPhone Mania)。

 ディスプレイのサイズは13.3インチ(アスペクト比4:3)で、中央部分で半分に折りたたむことが可能。キーボードは内蔵せず、画面に表示される仮想キーボードを使うか、もしくは画面の下半分にBluetooth接続キーボードを重ねて置いて使用することもできるという。質量は900グラム未満になるようだ。

 ディスプレイ部分は背面のカーボンファイバー製プレートで補強されており、曲げても紙のように完全な2つ折りにはならないという。約3〜4年の使用期間に相当する最大30,000回の折り曲げに耐えられるという。通常モデルのThinkPadも同程度の使用期間を想定している。

 価格は2,499ドル(約27万円)からで、20年半ばごろに出荷予定。CPUはIntelのLakefield系CPUを搭載するという。

 スラドのコメントを読む | モバイルセクション | モバイル | テクノロジー | ハードウェア | ノートPC

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードBluetoothiPhoneLenovoIntel

関連記事

広告