防衛省、AI人事の導入を目指す

2020年1月8日 07:36

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 Anonymous Coward曰く、

 防衛省が人工知能(AI)を使った人事評価や移動に関するシステムを導入するという。まずは2020年度予算に開発費として約2億7000万円を計上し、今後2年間で開発を進める方針だそうだ(産経新聞テレビ朝日)。

 人事異動や評価などをAIが補助するシステムを目指しているとのこと。最終的な判断は人間が行う形になるという。すべての自衛官ではなく、約4万人(全自衛官の6分の1程度)の幹部自衛官が対象となる。

 スラドのコメントを読む | 日本 | 軍事 | 人工知能

 関連ストーリー:
米AmazonのAIによる履歴書判定システム、男性有利な判定が判明して開発中止になっていた 2018年10月14日
ソフトバンクが新卒採用プロセスにAIを導入 2017年05月30日
AIによる融資の与信審査実用化に向けたコンソーシアムが結成される 2016年07月07日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード防衛省人工知能(AI)