富士ゼロックス、Xeroxとの提携終了 社名も変更へ

2020年1月7日 18:32

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 Anonymous Coward曰く、

 Xeroxとの合併を試みるも結局物別れに終わった富士ゼロックスだが、最終的にXeroxとの提携を終了することになった模様(ITmedia)。

 Xeroxは独自にアジア方面での営業を行う方針らしいのでまあ当然と言えば当然か。これを受けて富士ゼロックスは「富士フイルム ビジネスイノベーション」に社名変更するとのことで、Xeroxとは完全な競合として戦うことになる。ただし、商品供給パートナーとしての関係は引き続き継続するという。

 富士ゼロックス側は独自に今までと同様のサービスを提供できるとのことだが、ゼロックスブランドを失ったことでどのくらいの影響があるのかは気になるところだ。

 スラドのコメントを読む | ハードウェアセクション | ビジネス | ハードウェア

 関連ストーリー:
HP、Xeroxからの一方的な企業買収提案を拒否 2019年11月21日
富士フイルム、米ゼロックスを買収 2018年02月01日
富士ゼロックスが世界最速毎分900枚のフルカラープリンタ発売 2007年10月30日
Xerox、Altoのソースコードなどを公開 2014年10月24日
ゼロックス Altoから30年 2003年04月10日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード富士フイルム富士ゼロックス

広告

財経アクセスランキング