JDI、スマホ向け液晶製造拠点の白山工場をシャープへ売却検討か

2019年12月30日 07:39

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 経営不振が続いている液晶メーカーのジャパンディスプレイ(JDI)だが、同社がスマートフォン向け液晶パネルの製造を行っている石川県の白山工場をシャープに売却する方針で調整しているとの報道が出ている(産経新聞Engadget日本版朝日新聞時事通信)。

 売却額は数百億円と見られれている。白山工場は2016年12月に稼働を開始したが、iPhoneの需要減により今年7月より操業を停止しており、有機ELパネル量産拠点に転用する案も出ていた。

 スラドのコメントを読む | アップルセクション | 日本 | ビジネス | アップル

 関連ストーリー:
JDI元幹部、「過去に経営陣からの指示で粉飾決算」と告発。その後この元幹部は死亡 2019年12月02日
ジャパンディスプレイ(JDI)、中国・台湾の資本受け入れへ 2019年04月05日
JDI、JOLEDの子会社化を断念 2018年04月09日
ジャパンディスプレイ(JDI)、苦しい決算 2018年02月18日
ジャパンディスプレイ、経営再建に向けて工場の縮小や人員削減を発表 2017年08月10日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードiPhoneシャープジャパンディスプレイ有機EL

広告

財経アクセスランキング