個別銘柄戦略:デンソーやディスコに注目

2019年12月18日 09:03

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*09:03JST 個別銘柄戦略:デンソーやディスコに注目
17日の米国市場ではNYダウが31.27ドル高の28267.16、ナスダック総合指数が9.13pt高の8823.36、シカゴ日経225先物が大阪日中比10円安の24000円。18日早朝の為替は1ドル=109円40-50銭(17日大引け時点は109.57円付近)。本日の東京市場は短期的な株価上昇の反動と米国株高が拮抗し、大型株は方向感が定まりにくそうだ。東エレク<8035>や村田製<6981>、SUMCO<3436>には押し目買いが期待される一方、昨日急伸したHOYA<7741>は利益確定売りで軟化が予想される。大手金融株は引き続く米長期金利の上昇地合いを背景に堅調な値動きとなりそうだ。昨日はマザーズ上場のフリー<4478>が公開価格比25%でスタートし、ウィルズ<4482>の初値形成が本日に持ち越された。本日はBuySellTechnologies<7685>、ユナイトアンドグロウ<4486>、JTOWER<4485>の3銘柄がマザーズに同時上場し、3銘柄ともに公開価格超えが期待されている。また、2日連続ストップ安で引けたサンバイオ<4592>が短期的な反発に転じれば、新興市場の方も一層活気づくこととなろう。一方、強気の投資判断や目標株価の引き上げが観測されたヘリオス<4593>、ディスコ<6146>、デンソー<6902>、アイシン精<7259>などに注目。《US》

広告