グッドコムアセットは上値試す、20年10月期大幅増益予想

2019年12月18日 09:13

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

 グッドコムアセット<3475>(東1)は、東京23区中心に新築マンション企画・開発・販売を展開している。20年10月期大幅増益予想である。収益拡大を期待したい。株価は18年4月の上場来高値に接近している。自律調整を交えながら上値を試す展開を期待したい。

■新築マンション企画・開発・販売

 東京23区中心に、自社ブランド「GENOVIA」シリーズの新築マンション企画・開発・販売を展開している。不動産テックを推進し、19年7月にはクラウドファンディングを利用した不動産特定共同事業法に基づく不動産小口投資商品組成事業の許可を取得した。

■20年10月期大幅増益予想

 19年10月期の連結業績は、売上高が18年10月期比39.0%増の233億76百万円で、営業利益が4.6%増の17億55百万円、経常利益が5.3%増の16億50百万円、純利益が5.2%増の11億27百万円だった。合計850戸を販売し、概ね計画水準の増収増益で着地した。

 20年10月期連結業績予想は、売上高が19年10月期比30.1%増の304億05百万円、営業利益が33.1%増の23億36百万円、経常利益が32.6%増の21億88百万円、純利益が31.5%増の14億82百万円としている。合計1003戸(19年10月期比153戸増)の販売で大幅増益予想である。収益拡大を期待したい。

■株価は上値試す

 株価は18年4月の上場来高値に接近している。自律調整を交えながら上値を試す展開を期待したい。12月17日の終値は1988円、時価総額は約146億円である。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
クリーク・アンド・リバー社は上値試す、20年2月期大幅増益予想(2019/08/08)
TACは調整一巡、20年3月期減益予想だが1Qは2桁経常増益(2019/08/08)
ゼリア新薬工業は調整一巡、20年3月期大幅増益予想、1Q減益だが進捗率順調(2019/08/06)
テクマトリックスは上値試す、20年3月期増収増益・連続増配予想で1Q順調(2019/08/06)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

広告