Hameeは18年高値目指す、20年4月期上方修正して増益予想、さらに再上振れ余地

2019年12月18日 09:11

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

 Hamee<3134>(東1)は、スマホ・タブレット向けアクセサリーを販売するコマース事業を主力として、クラウド型EC事業者支援のプラットフォーム事業も展開している。20年4月期は上方修正し、減益予想から一転して増益予想となった。さらに再上振れ余地もありそうだ。収益拡大を期待したい。株価は年初来高値圏だ。自律調整を交えながら18年の高値を目指す展開を期待したい。

■コマース事業を主力にプラットフォーム事業も展開

 スマホ・タブレット向けのクセサリーを販売するコマース事業を主力として、EC自動化プラットフォーム「ネクストエンジン」によるクラウド型EC事業者支援のプラットフォーム事業も展開している。収益面では、スマホ新機種発表やクリスマス需要などの影響で、第3四半期の構成比が高い季節特性がある。

 19年1月にはIoT事業を開始し、第一弾として音声メッセージロボットを発売した。19年10月には投資事業を開始した。

■20年4月期上方修正して増益予想、さらに再上振れ余地

 20年4月期連結業績予想(12月11日に上方修正)は、売上高が19年4月期比8.1%増の111億41百万円、営業利益が9.1%増の12億69百万円、経常利益が9.8%増の12億95百万円、純利益が8.3%増の8億89百万円としている。

 第2四半期累計は、売上高が前年同期比16.7%増の54億13百万円、営業利益が80.5%増の8億42百万円だった。国内コマース事業の卸売・小売が計画以上に伸長した。コマース事業は17.1%増収・49.2%増益と大幅伸長し、プラットフォーム事業は7.3%増収・9.1%増益と順調だった。

 第2四半期累計実績を受けて通期予想を上方修正し、従来の減益予想から一転して増益予想となった。なお第3四半期以降については、のれん償却費の発生や海外子会社の状況なども勘案して保守的な予想としている。再上振れ余地もありそうだ。収益拡大を期待したい。

■株価は上値試す

 株価は年初来高値圏だ。自律調整を交えながら18年の高値を目指す展開を期待したい。12月17日の終値は1340円、時価総額は約216億円である。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
クリーク・アンド・リバー社は上値試す、20年2月期大幅増益予想(2019/08/08)
TACは調整一巡、20年3月期減益予想だが1Qは2桁経常増益(2019/08/08)
ゼリア新薬工業は調整一巡、20年3月期大幅増益予想、1Q減益だが進捗率順調(2019/08/06)
テクマトリックスは上値試す、20年3月期増収増益・連続増配予想で1Q順調(2019/08/06)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

広告

財経アクセスランキング