コミケ参加者は政治に興味があり投票に行った割合も多いという調査結果

2019年12月14日 09:52

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 2012年12月に行われた衆議院選挙の投票率は52.66%と「戦後最低」だったが、2015年夏のコミックマーケット(コミケ)参加者に対して行ったアンケート調査では、8割の人が投票に行ったと回答しているという(東京新聞)。

 また、アンケート調査結果では男性の8割近く、女性の7割以上が政治に対し「関心がある」「多少関心がある」と答えたという。

 スラドのコメントを読む | 日本 | アニメ・マンガ | 政治

 関連ストーリー:
10〜39歳の独身は過半数が自称オタク 2019年11月18日
オタクを自認している人の67%は未婚 2014年12月10日
オタク市場調査結果発表、恋愛ゲーム市場が急成長 2010年10月18日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード選挙コミックマーケット

関連記事

広告