たばこと塩の博物館“たばこポスターの歩み”をたどる展覧会、明治から昭和までの作品約100点

2019年12月13日 18:45

小

中

大

印刷

記事提供元:ファッションプレス

 展覧会「たば塩コレクションに見る ポスター黄金時代」が、2019年12月14日(土)から2020年2月16日(日)まで、東京・墨田のたばこと塩の博物館にて開催される。

■印刷技術とともにたどるポスターデザイン

 明治期、まだ民営だったたばこ業界では、各会社が看板や新聞などさまざまなメディアでの宣伝活動を行った。なかでも石版印刷のポスターは、人目を集めるためにより鮮やかなポスターが追求され、そのことは印刷技術の発展にも寄与した。

 「たば塩コレクションに見る ポスター黄金時代」では、たばこと塩の博物館が所蔵する国内外のたばこ広告などのポスターから、ポスターが広告の中心を担っていた1890年代から1960年代までの作品を展示。約100点のさまざまな資料を通して、印刷技術の歴史や時代を映すデザインについて紹介する。

■色鮮やかな明治期のポスター

 注目の1つは、日本でポスター製作が始まった頃や、ポスターによるたばこ宣伝が活発に繰り広げられた頃にあたる明治後期の作品だ。「吉野」や「ピーコック」をはじめ色鮮やかなポスターを紹介するとともに、ポスターの原画や印刷工程を捉えた写真も併せて展示し、印刷の歴史をうかがえる内容となっている。

■手描きの“デザイン”ならではの魅力

 大正から昭和初期にかけては、印刷技術の発展と海外の影響で、「図案(デザイン)」のアイディアを導入したポスターが製作され始めた。会場では、デザイナー・杉浦非水や野村昇の手掛けた「みのり」「響」などのポスターデザインを展示。手描きのデザインならではの魅力に触れられる。

■消費社会のなかのポスター

 また、戦後から高度成長期にかけて消費社会へと向かうなかで生まれた、印象的なコピーを散りばめたポスターや、秋山庄太郎や樋口忠男らによる写真を用いたポスターも紹介する。

 さらに商品宣伝のためではなく、戦意高揚のために作られた戦時下のポスターや、戦後のヤミたばこ防止を訴えるポスターなども展示。作品にうつる社会状況まで垣間見ることができるだろう。

■詳細

 展覧会「たば塩コレクションに見る ポスター黄金時代」
会期:2019年12月14日(土)~2020年2月16日(日)
会場:たばこと塩の博物館
住所:東京都墨田区横川1-16-3
TEL:03-3622-8801
開館時間:10:00~18:00(入館は17:30まで)
休館日:月曜日(ただし2020年1月13日(月)は開館)、2019年12月29日(日)~2020年1月3日(金)、1月14日(火)
入館料:大人・大学生 100円(50円)、小・中・高校生 50円(20円)、満65歳以上の方(要証明書) 50円(20円)
※( )内は20名以上の団体料金

※本記事はファッションプレスニュースから配信されたものです。ファッションプレスでは、ブランド、デザイナー情報、歴史などファッション業界の情報をお届けしています。