東海道新幹線の700系、2020年3月8日にラストラン 引退イベントも

2019年12月12日 18:48

小

中

大

印刷

700系新幹線 (c) 123rf

700系新幹線 (c) 123rf[写真拡大]

写真の拡大

●700系が東海道新幹線より引退

 JR東海は11日、1999年にデビューし「カモノハシ」の愛称で親しまれてきた700系新幹線について、2020年3月8日に引退イベントを実施し、東海道新幹線の運用から引退すると発表した。

 引退イベント当日は、9時47分東京発・新大阪行きの臨時のぞみ315号として運行し、東京駅と大阪駅でイベントが開催されるほか、車内で乗車記念品が配布される。最終運転日の乗車券は、2020年2月8日10時より発売する。

●最大で1300両以上が活躍

 700系新幹線は、のぞみ号の基本となった300系新幹線、JR西日本が開発した500系新幹線の後継機として開発された。東海道新幹線では最高270km/h、山陽新幹線では285km/hで走行し、トンネル突入時に発生する微気圧を軽減するそのボディ形状から、「カモノハシ」というニックネームを持つ。最大で1300両以上が製造され、平成の東海道新幹線を代表する車両として活躍した。

●引退に向けて花道が用意


 JR東海では、功労者である700系の引退に合わせて複数のイベントを用意している。

 その1つとして、現在運行している2編成に、特製のヘッドマークとサイドステッカー装飾を施し、2020年2月12日より引退日まで運行する。定期列車として投入され、運行スケジュールはホームページにて公開している。

 さらに700系新幹線の団体専用列車も運行し、旅行商品としてJR東海ツアーズから販売する。

●消える喫煙車・JR西日本は継続運行

 700系新幹線の引退によって、東海道新幹線から消えてしまうものが喫煙車両である。700系新幹線は、10号車(グリーン車)と15、16号車が喫煙席になっているが、N700系は全席禁煙車のため、喫煙車両がなくなる。(N700系には4つの喫煙ルームがあるため、新幹線が禁煙になるわけではない)

 またJR西日本でも700系を運行しているが、こちらは引退に関する発表は行われておらず、今後も新大阪~博多間であれば700系車両に乗ることはできる。(記事:speedbird・記事一覧を見る

関連情報

関連キーワードJR東海JR西日本新幹線

広告

財経アクセスランキング