Evernote、ダークウェブで偽の麻薬を売ったユーザーのノートをDEAに開示

2019年12月10日 18:19

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 Anonymous Coward曰く、

 データ保存・同期サービスを提供するEvernoteが、ダークWebでの薬物販売に関連していると見られるユーザーが保存していたデータを米Drug Enforcement Administration(DEA)に開示していたとのこと(VICE)。

 日記がWebやクラウド上にあったら、開示するしかないわな。

 このデータ開示は2018年に行われたもので、DEAは捜査令状を取得した上でEvernoteにデータ開示を求めたという。

 スラドのコメントを読む | YROセクション | 犯罪 | YRO | アメリカ合衆国 | プライバシ

 関連ストーリー:
Cloudflare、海賊版サイト「漫画村」の運営者を開示 2018年10月10日
米国の捜査令状で米企業が国外サーバーに保存した情報の開示要求が可能かどうかをめぐる裁判、終結に向かう 2018年04月08日
銃乱射事件犯のiPhoneロック解除を巡り再び騒動に 2017年11月25日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。