伝染病で世界滅ぼすゲーム、「フェイクニュース広めること目指す」シナリオ

2019年12月9日 17:32

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 以前、『伝染病で世界を滅ぼすゲーム、「ワクチン反対派」が存在するシナリオを開発へ』という話題があったが、このゲームの追加要素として「フェイクニュースを世界中に広める」というものが導入されるそうだ(AUTOMATON)。

 この「フェイクニュース」シナリオでは、プレイヤーは最初にフェイクニュースの発信元、目的、対象を設定し、それに基づいて世界中にそのフェイクニュースを広めるためにさまざまな工作を行っていく。ゲーム内では人々が知識を習得していくことでフェイクニュースの拡散が止められてしまう一方、さまざまなメディアを活用して知識の習得を防いだり、インフルエンサーなどを使って拡散スピードを早めたり、フェイクニュース自体を改変していったり、反対派を批判するといったアクションが用意されており、これらを使って世界中にフェイクニュースを広めることを目指すという。

 スラドのコメントを読む | ITセクション | ニュース | インターネット | ゲーム

 関連ストーリー:
伝染病で世界を滅ぼすゲーム、「ワクチン反対派」が存在するシナリオを開発へ 2019年03月01日
「5Gの導入でムクドリが大量死」という2018年のフェイクニュース、メディアが報じて拡散される 2019年08月29日
味の素、「グルタミン酸ナトリウムは体に悪い」はフェイクニュースだとアピール 2019年04月04日
「子宮頸がんワクチンに副作用があるとの発表は捏造」と指摘した記事、名誉棄損と判断される 2019年03月27日
WhatsApp、偽ニュース対策としてメッセージの転送制限を世界中で適用 2019年01月25日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

広告