前日に動いた銘柄 part1 日本KFC、PCNET、日本工営など

2019年12月7日 07:15

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*07:15JST 前日に動いた銘柄 part1 日本KFC、PCNET、日本工営など
銘柄名<コード>6日終値⇒前日比

電算システム<3630> 3060 +45
スマホアプリ決済サービス「PayPay請求書払い」サービスの取扱い開始。

日本KFC<9873> 3265 +220
11月度既存店売上高は17.6%増と12カ月連続でのプラス成長に。

PCNET<3021> 1347 +100
行政文書保存のHDDが転売され流出との報道で
PC処分やデータ消去手がける同社に思惑。

日本工営<1954> 3660 +305
政府の新経済対策閣議決定うけ物色先の一角に。

木村化工機<6378> 723 +66
豊富な材料性や取り組み妙味などで短期資金の関心が続く。

マイネット<3928> 654 +63
オラクルのクラウドサービス採用によるコスト低減が伝わる。

ラクーンホールディングス<3031> 838 +69
上半期の好決算発表を好材料視。

オルトプラス<3672> 1107 +150
「ヒプノシスマイク」への期待感継続の形に。

中山製鋼所<5408> 532 +37
日本製鉄の株価上昇で系列会社として買い波及も。

エーザイ<4523> 8248 +453
アルツハイマー型認知症薬の試験データを好材料視でバイオジェンが大幅高。

ノーリツ<5943> 1512 +86
業績上方修正で減益幅が縮小へ。

サインポスト<3996> 2749 +152
無人コンビニの展開の広がりを期待する動きが続く。

不動テトラ<1813> 1684 +63
政府の経済対策受けて建設株が高い。

新日本電工<5563> 181 +6
鉄鋼株の上昇で低位の関連株として物色も。

ニチコン<6996> 1158 -74
CB発行による将来的な希薄化を警戒視。

神東塗料<4615> 219 -13
グループ再編思惑などで5日には大幅高。

鎌倉新書<6184> 1820 -105
5日から高値圏で利食い売り圧力が増す展開に。

新光電気工業<6967> 1200 -50
富士通グループ再編期待で直近上昇の反動も。

ラウンドワン<4680> 1078 -36
11月の月次動向を嫌気する。《FA》

広告

財経アクセスランキング