キングジム、電子ペーパーを採用したデジタルノートを発表

2019年12月6日 19:14

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 キングジムが電子ペーパーを使用したデジタルノート「freno(フリーノ)」を発表した。ディスプレイ部分のサイズは6.8インチ(1440×1080ドット、265dpi)で、ワコム製のデジタイザとデジタルペンを採用。4096段階の筆圧検知機能も備え、紙に書いているかのような表現が可能だという。現在クラウドファンディングで購入者を募っており、3万8,000円で1台のfreenoを入手できる(ITmedia)。

 内蔵メモリに加えてmicroSD/microSDHCカードへのデータ保存や、無線LAN経由でのデータのやり取りも可能なようだ。

 スラドのコメントを読む | ハードウェアセクション | 入力デバイス | ハードウェア

 関連ストーリー:
キートップに電子ペーパーを用い、全キーの割り当て変更が可能なキーボード 2019年01月09日
ドコモ、カードサイズの電子ペーパー採用の「カードケータイ」と「スマホの子機」を発表 2018年10月18日
ポメラ新モデル「DM30」発表、電子ペーパーディスプレイを初めて採用 2018年05月18日
ソニーがA4サイズの電子ペーパー採用端末新モデルを発売 2017年04月12日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードクラウドファンディング

広告