東京為替:ドル・円は底堅い、弱い独鉱工業生産受けユーロ売り

2019年12月6日 16:22

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*16:22JST 東京為替:ドル・円は底堅い、弱い独鉱工業生産受けユーロ売り
 6日午後の東京市場でドル・円は108円60銭台と、安値圏ながら底堅い値動き。16時に発表されたドイツの鉱工業生産は予想外に悪化し、景気回復の遅れを嫌気したユーロ売りに。ユーロ・ドルは1.1101ドルまで値を下げ、ユーロ・円も120円65銭まで下落した。


 ここまでの取引レンジは、ドル・円は108円65銭から108円78銭、ユーロ・円は120円65銭から120円80銭、ユーロ・ドルは1.1101ドルから1.1109ドルで推移した。《FA》

関連記事

広告

財経アクセスランキング