「アナ雪2」でステマ疑惑

2019年12月6日 10:05

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 Anonymous Coward曰く、

 11月22日に公開されたディズニーの新作アニメ映画「アナと雪の女王2」(アナ雪2)に関する、いわゆる「ステルスマーケティング」が行われたのではないかとの疑惑が出ている(TogetterまとめYahoo!ニュース)。

 ネットで同タイミングにアナ雪2の感想漫画を投稿する人が続出→ステマを疑う声が出る→その後投稿した人たちが一斉にPR漫画だったことを明かす、という流れ。最近ではTwitter上で人気のイラストレーターや漫画家にPR漫画を描いてもらうケースは珍しくないが、まともなところはだいたいこんな感じでPR表記をするのが普通。代理店がやらかしたんだろうなあ。

 ディズニー側はこれに対し、「意図していたわけではない」「企画を進める上でのコミュニケーション不足によって起こった」などと述べている(BuzzFeed)。

 スラドのコメントを読む | ITセクション | 映画 | Twitter | 広告

 関連ストーリー:
京都市が吉本興業に対し「1ツイート50万円」でPRを依頼、「広告」表記がないことからステマではないかとの指摘 2019年10月29日
青汁の宣伝活動を行っていたInstagramアカウント、ステマがバレる 2017年09月01日
DMM.comに「ステマ」疑惑、ゲーム情報などを扱うブログを秘密裏に運営 2016年12月29日
Wikipedia、ステマ的行為を行ったとしてエディタ381名のユーザアカウントを停止 2015年09月04日
AOL、一部の広告記事に「PR」をつけなかったことについてお詫び 2015年09月01日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードディズニーアナと雪の女王アナと雪の女王2

広告