ラリー・ページ氏とセルゲイ・ブリン氏、AlphabetのCEOと社長から退任

2019年12月6日 10:01

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 Alphabetのラリー・ページCEOとセルゲイ・ブリン社長が、それぞれの役職から退任する人事が発表された。両者はそれぞれ取締役としては同社に残る(NHKITmediaWIRED)。

 両者はGoogleの共同創業者であり、退任後も2人は議決権の51.3%を保有するという。今後はGoogleのスンダー・ピチャイCEOがAlphabetグループのCEOも兼任する。

 スラドのコメントを読む | ITセクション | ビジネス | Google

 関連ストーリー:
「Googleは反米的」との指摘に対し、「懸念はない」との調査結果が出る 2019年07月27日
Google、クラウド部門トップに元Oracle幹部を起用 2018年11月28日
Google、「Alphabet」の子会社に 2015年08月12日
2011年、技術企業の良いCEOと悪いCEO 2011年12月27日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードGoogle

関連記事

広告