金市場は弱気な見方を続けるべきか サンワード貿易の松永氏(三井智映子)

2019年12月3日 14:14

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*14:14JST 金市場は弱気な見方を続けるべきか サンワード貿易の松永氏(三井智映子)
皆さん、こんにちは。フィスコマーケットレポーター三井智映子の気になるレポートです。27日に金オプション市場で「金相場が1年以上先に過去最高値を超えて3倍近くに急騰することに賭ける175万ドル(約1億9200万円)相当のブロック取引が見られた」(ブルームバーグ)と報じられるなど、注目を集めている金市場。今日は、金市場についてのレポートをご紹介します。

先週末のNY金はじり高の様相となりましたが、レポートではその値動きについて、『年末商戦の幕開けとなる感謝祭明けのブラックフライデーでの店舗の集客が例年よりも少なかったことや米中通商交渉に関する不透明感を受けて』、リスクオフの流れとなったことが金価格に寄与したと分析しています。

また、これまでの金価格の動向については『NY金は、9月4日に一時1553ドルまで上昇して「6年ぶりの高値」を記録し、東京金も9月5日に一時5304円まで上昇して上場来最高値を記録』したのち、『NY金と東京金は、右肩下がりの上値抵抗線と下値抵抗線を形成しながら下落基調を続けております』と紐解いています。

今後の見通しについては『下落トレンドが3カ月前から続いているだけに、金相場に対する弱気な見方を継続するべきかもしれません』との見解を示しています。

参考にしてみてくださいね。

上記の詳細コメントは、ブログ「松永総研~北浜の虎と呼ばれた男~」の12月2日付「金市場」にまとめられていますので、ご興味があればご覧ください。

フィスコマーケットレポーター 三井智映子《HH》

広告

広告

写真で見るニュース

  • DMMかりゆし水族館のイメージ(大和ハウス工業提供)
  • トヨタ・ライズ(画像: トヨタ自動車発表資料より)
  • Mazda MX-30(欧州仕様)(画像: マツダの発表資料より)
  • 発見されたビクラムの破片。(c) NASA/Goddard/Arizona State University
  • (c) 123rf
  • 前主系列星の進化の模式図。ガス雲の中心で赤ちゃん星(原始星)ができると、原始星に向かって落ち込む(降着する)ガスの一部は円盤(原始惑星系円盤)を作り、ガスが恒星表面に向かって公転しながら降着する。この時、中心星の近くにあるガスの一部は、双極方向のガス流として星間空間へ放出される。その後、原始惑星系円盤の中で惑星を形成する材料である微惑星と呼ばれる小天体が形成され、やがて、微惑星同士の合体によって惑星が形成される。(画像: 京都産業大学の発表資料より)
  • ポルシェ・タイカン
 

広告

ピックアップ 注目ニュース