フェリーさんふらわあと商船三井、日本初のLNG燃料フェリー2隻を建造

2019年11月30日 10:02

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 商船三井とフェリーさんふらわあが、日本初という液化天然ガス(LNG)を燃料とするフェリー2隻を建造することを発表した(トラベルWatch発表資料)。

 製造は三菱造船。大阪~別府航路で2022年から2023年にかけて就航予定とのこと。LNG燃料を使用することで二酸化炭素排出量を削減し、硫黄酸化物の排出量はほぼ0になるという。同航路で運航されている既存フェリーと比較して乗客数は710名から763名に増え、さらにトラック積載可能数は92台から136台に増える。

 エンジンはLNGとA重油それぞれを燃料として使用できるという「Dual Fuelエンジン」を採用する。

 スラドのコメントを読む | ハードウェアセクション | ハードウェア | 交通

 関連ストーリー:
100年以上運行が続いていた瀬戸内海の宇高航路、12月に休止へ 2019年11月13日
JR西、「JR西日本30周年記念乗り放題きっぷ」を発売 2017年08月30日
空母形フェリー「こまたき」が4月に就航 2016年03月29日
ジェットフォイルはフェードアウトしてしまうのか 2015年10月27日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード商船三井

関連記事

広告

財経アクセスランキング