従業員が「不足」の企業は39.6%、10年連続で増加 日本公庫調査

2019年11月30日 11:38

小

中

大

印刷

 日本政策金融公庫が「小企業の雇用に関する調査結果」を発表し、建設業などを中心に人手不足が続いていることで、事業に支障が出ている企業や、賃金が上昇傾向となっていることが分かった。

【こちらも】飲食や宿泊業、外国人観光客の集客取り組みは約3割 日本公庫調査

■従業員数「不足」企業は10年連続で増加

 26日、日本政策金融公庫が「小企業の雇用に関する調査結果」を発表した。これは同公庫の取引先である1万企業(小売業、卸売業、飲食店・宿泊業は従業員10人未満、製造業、サービス業、情報通信業、建設業、運輸業は同20人未満)を対象に調査を行い、回答のあった6,836社分を集計・分析したもの。

 現在の従業員数を「不足」と回答した企業の割合は39.6%で、前回(2018年7~9月期)調査と比較して1.9ポイント上昇(不足企業が増加)した。「不足」と答えた企業の割合は2009年の14.5%から10年連続で増加している。

■従業員の過不足DIも上昇続く

 従業員数が「不足」と答えた企業の割合から「過剰」と答えた企業の割合を引いた過不足DI(動向指数)は32.8となり、前回調査から2.4ポイント上昇した。こちらも2009年の-4.6から上昇傾向が続いており、1992年の35.2以来の高い水準となっている。

 従業員過不足DIが業種別で最も高いのは運輸業の62.8、ついで建設業の58.6、情報通信業の52.1で、この3業種で50を超えている。反対に最も低いのは小売業の24.3、ついで製造業と卸売業がともに24.5、サービス業が27.7、飲食店・宿泊業が38.3となっており、数値の差こそあっても全ての業種で「不足」が上回っていることが分かる。

■事業の継承に支障が出る企業も

 人手不足の影響について尋ねたところ最も多かったのは、「需要の増加に対応できない」が44.4%、ついで「人手を確保するために賃金を上げている」が40.6%、「人手が足りず売上が減っている」が31.1%、「売上の減少や人件費の上昇で事業の継続に影響が出ている」が23.1%だった。また「ほとんど影響はない」も13.5%ある。

■人手不足は増員や賃金アップで対応

 人手不足の対応について尋ねたところ最も多かったのは、「増員(パート・アルバイト含む)」で52.2%。以下、「賃金の引き上げ」(32.2%)、「仕事のプロセス(段取り)の効率化」(26.9%)、「従業員の多能化・兼任化」(23.7%)、「仕事(受注)量の絞り込み」(16.0%)、「仕事の機械化・IT化」(9.2%)、「残業の増加」(7.4%)となっている。また「効果的な手段が見当たらない」が8.8%ある。

■従業員数が多いほど賃金も上昇傾向に

 給与水準が1年前と比較して「上昇」と回答した企業の割合は34.8%で、前回調査から3.0ポイント上昇した。「上昇」と答えた企業の割合を従業者の規模別でみると、1~4人の企業では22.3%、5~9人では44.7%、10人以上では61.7%となり、小企業であっても従業員数が多い企業ほど「上昇」と答えた企業の割合が高くなっている。(記事:県田勢・記事一覧を見る

関連キーワード日本政策金融公庫

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • トヨタ・ライズ(画像: トヨタ自動車発表資料より)
  • Mazda MX-30(欧州仕様)(画像: マツダの発表資料より)
  • 発見されたビクラムの破片。(c) NASA/Goddard/Arizona State University
  • (c) 123rf
  • 前主系列星の進化の模式図。ガス雲の中心で赤ちゃん星(原始星)ができると、原始星に向かって落ち込む(降着する)ガスの一部は円盤(原始惑星系円盤)を作り、ガスが恒星表面に向かって公転しながら降着する。この時、中心星の近くにあるガスの一部は、双極方向のガス流として星間空間へ放出される。その後、原始惑星系円盤の中で惑星を形成する材料である微惑星と呼ばれる小天体が形成され、やがて、微惑星同士の合体によって惑星が形成される。(画像: 京都産業大学の発表資料より)
  • ポルシェ・タイカン
  • 「ネオトーキョー ミラーカム」。(画像:モジの発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース