Kaspersky、ドローン不法侵入防止システムを開発

2019年11月28日 23:18

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 ロシア・Kasperskyが、ドローンの不正侵入を防ぐシステム「Kaspersky Antidrone」を開発した(CNET Japan)。

 このシステムはレーザーを使ったセンサーやカメラ、マイク、レーダーなどでドローンを検知して分類し、妨害電波を照射してドローンとリモートコントローラとの通信やGPSとの通信を妨害するという。

 スラドのコメントを読む | セキュリティセクション | セキュリティ | 変なモノ

 関連ストーリー:
ドローン規制法違反で初の摘発 2019年11月21日
NECの開発中ドローン、実験中に制御不能となり行方不明に 2019年11月21日
関西国際空港周辺にドローンのような飛行物体、その影響で40分間離着陸停止 2019年10月23日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードKaspersky

広告

広告

写真で見るニュース

  • (画像: NTTドコモの発表資料より)
  • 「GLC350e 4MATICクーペ」(画像: メルセデス・ベンツ日本)
  • ホンダ・オデッセイ用のリアガーニッシュ(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • 第59回ルマン24時間耐久レース優勝車 マツダ787B(画像: マツダ許諾済み)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース