パナソニック、液晶パネル生産から撤退

2019年11月26日 18:28

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 パナソニック液晶ディスプレイが2021年を目処に液晶パネル生産を終了すると発表した(AV Watchパナソニックの発表)。

 同社の歴史はImpress Watchの記事が詳しいが、同社は元々は日立ディスプレイズの子会社として2004年に設立され、2008年にパナソニック(当時は松下電器産業)に売却された。

 スラドのコメントを読む | ハードウェアセクション | テレビ | モニター

 関連ストーリー:
ジャパンディスプレイ(JDI)、中国・台湾の資本受け入れへ 2019年04月05日
ジャパンディスプレイ、経営再建に向けて工場の縮小や人員削減を発表 2017年08月10日
シャープ、液晶TVの国内生産を縮小へ 2017年03月15日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードパナソニック

広告