世界初! JINS渋谷パルコ店でメガネかけたままメガネを試着できるサービス

2019年11月25日 08:26

小

中

大

印刷

「MEGANE on MEGANE(メガネオンメガネ)」の利用イメージ。(画像:Nefrock発表資料より)

「MEGANE on MEGANE(メガネオンメガネ)」の利用イメージ。(画像:Nefrock発表資料より)[写真拡大]

写真の拡大

  • 「メガネオンメガネ」の利用イメージ。
  • 「メガネオンメガネ」の利用イメージ。

 NefrockとKAZAKは、22日にオープンした渋谷PARCO(パルコ)内にあるJINS渋谷パルコ店にて、「MEGANE on MEGANE(メガネオンメガネ)」の提供を開始した。AIによる画像除去技術を活用して、自分が今かけているメガネを画面上から消し、3D映像で選んだメガネのかけた姿を確認できる世界初のサービスだ。自分のメガネをかけたままで見ることができるため、視覚を奪われることなく試着したメガネ姿をバーチャルで確認できる。

【こちらも】ワコール、"約5秒"でサイズ計測&AIと最適なブラジャーを探す「3D smart & try」

 Nefrockは2011年に創業された東工大発のベンチャー企業だ。ディープラーニングなどのAI技術を活用したシステム開発やアルゴリズムのライセンス事業を行っている。また、画像認識エンジンや顔認識エンジンなど、自社開発のAIエンジンによるサービス提供や、ビール認識システムやスマートロックシステムなどの自社開発プロダクトを提供する。KAZAKはAIを活用したサービスの開発やプロダクトの開発に実績を持つ、クリエイティブなUX開発チームだ。

 両社が今回開発した「メガネオンメガネ」は、それぞれの強みを生かしながら構築したサービスだ。利用者はまず、自分のメガネをかけたまま「メガネオンメガネ」に立ち、試着するメガネをスキャンする。その後、今かけているメガネが除去され、3D画像で試着姿が映し出される。

 これまでは試着したメガネを確認しようと思っていても、サンプルとして飾ってあるメガネには度が入っていないために、試着姿がよく見えないことが悩みとなっていた。だが「メガネオンメガネ」を利用することで、自分のメガネを外すことなく選んだメガネの試着姿を確認することが可能となり、顧客満足度の向上へとつなげる。

 今回利用された画像生成・除去といった画像処理技術を応用することで、今後は、ECサイトでの洋服やスーツの試着、美容院での髪色の着色など、幅広い分野での活用が期待される。(記事:まなたけ・記事一覧を見る

関連キーワード人工知能(AI)ディープラーニング(深層学習)JINSスマートロック渋谷パルコ